施工管理の大きな魅力は雇用に安定性があること!

施工管理の大きな魅力は雇用に安定性があること!

一生懸命頑張ると、仕事にはさまざまなメリットがありますが、その中でも施工管理にあるのが、雇用の安定性です。なぜ安定しているのか?それは、建築業というのは永遠になくならない仕事だからです。

不動産はバブルがあった、でも施工管理は…?

実は、若い人はぼんやりとしかわからないかもしれませんが、1980年代には土地バブルというものがありました。日本は限られた国土にぎゅうぎゅうに人が住んでいますので、不動産は値下がりしないという土地神話があったのです。しかし、バブルは昔のことであるように、弾けたのはご存知ですよね。

そうなると、施工管理の技術をせっかく身につけても、いつか職にあぶれてしまうのでは・・・そう思うのではないでしょうか。しかし、バブル期でも、バブル崩壊後でも、施工管理の仕事はあったのです。

不動産バブルはたしかに弾けました。しかし、施工管理の仕事はなくなりません。なぜなら、不動産の上の、ウワモノという位置づけだからです。土地は買っても放置していたら意味はないので、みなさん土地活用のために不動産のうえに建物を立てられます。

よって、その建物を扱う施工管理の仕事は、非常にニーズが高く、なくなることのない仕事なのです。施工管理の仕事のスキルを身につけたら、長く長く、稼げます。

施工管理のメリット

スキルは身につけておいて損はありません。

マイナスになるスキルというものは、ほぼないと考えられます。

施工管理のメリットは、

●長く働ける

●スキルが身につく

●リーダーシップを発揮できる

●生涯のスキル

●世界随一の建築レベルの日本で、将来は海外での活躍も

●ニーズが高い

など、さまざまあります。

あえてデメリットをみてみると

●人と関わりたくない仕事の人には向かない

●日焼けしたくない人には向かない

といったところでしょうか。これはデメリットと言うより、相性の問題ですね。

どんな仕事にも相性がある!

相性の問題とはどういうことか。

自分自身がどういう人か、しっかり確認する必要があります。

仕事探しとは、自分探しの別名です。

自分がどういう人間で、何が得意で、何が好きで、何が苦手で、どんなことに近づいて、逆にどんなことを避けるのか。そうしたことを知っていく必要があります。

自分を知るのには、少し他人と関わってみるのが一番です。

別にそれが海外への旅であっても、そうでなくとも、構わないのですが、人と関わることで、自分の個性が浮き彫りになってきます。いい仕事を捕まえるために、自分が納得の行く人生を歩むために、たった一度の命を燃焼させるために、まずは自分を知ることが何より大切なのです。

そう考えてみると、いい仕事、悪い仕事があるわけではなく、単に相性の問題であることがわかります。合法の仕事である限り、悪い仕事というのはありません。すべては相性の問題です。その相性を知るためにも、人と関わってみましょう。

仕事の安定は何より必要なもの

これをお読みのあなたは、仕事に何を求めますか?やりがい?給与?人間関係?どれもとても大切です。その上で、見逃せないのが、安定性です。雇用の安定性。いま、非正規雇用の問題が非常に大きくなっていて、40代でノースキルの人が多数おられます。

就職超氷河期世代として、スキルを十分に身に付けられず、20年が経過し、ロスジェネ問題として国が対処しようとしていますが、なかなか難しいということです。雇用が安定していたら、きっとこんな問題はなかったのだろうと思われます。

スキルは、当然ながら若いうちのほうが身に着けやすいというのはあります。体も心も脳も柔軟だからです。よって、若いうちに施工管理のスキルを身につけておけば、これからどんな不景気が来ても乗り越えることができるでしょう。

雇用が安定しているということは、ひとつの会社にずーと雇われることとは少し違います。たしかにそれも安定なのですが、違う会社であっても、業界全体を渡り歩いて、どんどんスキルアップして、給与も職位も高めていくことができるのです。

ひとつの会社にずっといるのもいいですが、別の会社を将来的に見てみるのもいいですよ。施工管理の仕事なら、どこの会社でも通用します。そう考えると、なんだか心が軽くなって、前向きになりませんか?

最後に

施工管理はとてもいい仕事です。ものづくりのやりがい、人間関係でリーダーシップを発揮することによる成長、そして安定した賃金と雇用と職…。さまざまなメリットがありますので、やらない手はありません。

どうせやるなら、20代前半の貴重な時期を捧げるぐらいの気持ちで行きませんか。施工管理なら、時間を費やす価値はあります。

ジョブリスでは、そうした頑張る施工管理のしごと希望者を応援しています。ぜひお問合せください。

 

未経験施工管理カテゴリの最新記事