未経験エンジニアが就職するには? 企業にスマートに採用されるには

未経験エンジニアが就職するには? 企業にスマートに採用されるには

エンジニアとして未経験。
でも、手に職をつけてエンジニア就職したい。
そこで考えられるのが、いくつか方法があります。未経験可の会社に思い切って応募してみること、まずスクールに通うこと、国の職業訓練に通うこと、プログラミングのコミュニティに入って活躍し、声掛けを待つこと・・・

いろいろありますね。
では、そのうちで、スマートに企業に応募するにはどうしたらいいか、今回はそれをみていきましょう。

現在の求人状況は、売り手市場

いま、人手不足もとてもあって、企業はどこも人を欲しがっています。よって、できる限り予算をさいて人をケアし、採用に熱をいれています。そまざまな求人サイトに自社の名前をのせて、応募が来るのをまったり、セミナーをして積極的に人を集めようとしたりしています。とても売り手市場なのです。

その一方で、エンジニアにはなりたがる人も大勢いるようになりました。転職ブームといいますか、エンジニアは手に職であり、同時にいま、大きく稼げる職業でもあるのです。日本の雇用環境では、若いうちは給料が上がりづらいのが現状です。終身雇用は崩壊しつつあるものの、正社員は雇用が守られており、年齢とともに役職があがって、給与が増える仕組みです。

年をとってから報われる形が一般的な企業なので、若いうちは給料が押さえられてしまいます。しかし、それがほぼなく、働いたぶんがそのままストレートに給与として反映されるのが、エンジニアの仕事です。

よって、エンジニアは若いうちから稼ぎやすく、いや、若いからこそ稼ぎやすい仕事でもあるのです。なら、やってみようかなと思う人が増えるのは当然ですね。そのため、いま、エンジニアになりたがる人も非常に多いのです。

適当に作った履歴書では、見抜かれてしまう!

しかし、そうはいっても、じゃあ就職をどうすればいいのでしょうか。ひとつの方法として、企業への直接応募があります。直接応募は、ネットに載っているエンジニア募集の企業に、ある種のローラー作戦的に次々と応募書類を送ることです。ネットの書類なら、コピーするだけなので経費はかかりませんし、比較的手軽に数をこなすことができます。

しかし、仮にローラー作戦で送るとしても、同じ文言で、「よろしくおねがいします」とばかりにコピペして送ると、見抜かれてしまいます。こちら側が、「あなたに来てほしい」と言ってくれる会社を希望するように、こちらがわも「この会社に入りたいです」と本当に思っている人を採りたいと思っているのです。

「誰でもいいから採用したい」というのは、よほどなブラック企業ですよね。それと同じで、「どこでもいいから入りたい」と思う、少なくともそう思われているのではないか、と思われる人材も、また、ブラック人材だと誤解されてしまいます。

人事の仕事というのは、多くの人に出会います。書類も膨大にチェックしますので、そうした飾った言葉やコピペテンプレートは、必ず見抜かれてしまうのです。

どうすれば理想のマッチングが起きる?

未経験エンジニアに「あなたに来てほしい」と言ってもらえるなんて、ありえるの?
そう思われるかもしれません。実はそういったことは、起こり得るのです。とくにエンジニアはちょっと変わった仕事といいますか、不断の努力が求められる仕事ですので、学習姿勢が問われます。

もちろん、他の仕事が楽でエンジニアがしんどいというわけではありません。どの仕事もどの仕事も、それに合わせた大変さはあります。ただ、エンジニアは、仕事が終わってからも勉強しなければならない側面があるのは事実です。

その賛否についてはまたの記事にしますが、努力できる人材、学びの機会を自ら手に入れようとする人材が、エンジニアにもとめられます。ただ、今この瞬間、実務経験がないということは大した問題ではありません。

未経験であっても、プログラミングの基礎をしっかり学習し、わからないことはインターネットや書籍で調べて、コミュニティに参加してメンターをつけ、適切なスタイルで学習している方には、企業からのいいお声がけがきっとあることでしょう。

理想のエンジニアって何なのか。ライフスタイルなのかコーディングの技術なのか、それとも知識の豊富さなのか、それはいろいろな意見がありますけれども、努力をし続けることはそれが前提となっています。

未経験であればあるほど、学習に時間を割いて楽しくプログラミングして、最高のアウトプットをしていると、今どきはみんなソーシャルネットワークでも求人が出されますので、推薦や自薦によって、いい会社と巡り合うことも可能です。

それが難しければ、また、急いでいるならば、ジョブリスにどうぞお問い合わせください!しっかりとケアさせていただきますので、未経験でもエンジニアになりたい方におすすめです。

未経験エンジニアカテゴリの最新記事