総合職で全国転勤を楽しむ方法

総合職で全国転勤を楽しむ方法

総合職って憧れますよね。
どうせなら、一般職より総合職でキャリアを積みたいと思いますよね。ちょっと仕事はハードだけど、責任があって何よりやりがいと金銭面でのメリットが大きいのです。
では、総合職を志して、全国転勤を楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。

そもそもなぜ転勤があるの?

日本の企業は全国転勤がある会社が多くなっています。とくに総合職は全国転勤を前提にして入社しますので、日本中飛び回らなくてはなりません。なぜかというと、日本中に支社がある会社では、地方の欠員を埋めるために、他の人材を調達しなければならないからです。

仮に、名古屋の支社で人が足りなくて現地雇用したら、人がいらなくなったときに正社員は簡単に解雇できません。そこで企業が取れる選択肢としては、非正規雇用を雇う、誰も雇わず現場でがんばる、さらには、他の支社から正社員を融通する、という選択が取れますよね。そこで、最後の他の支社から社員を融通するというのが、総合職の全国転勤の仕組みです。

全国転勤を楽しむ方法

仮に転勤をさけたいのであれば、まず日本中に支社がある大企業を避けるという選択が取れます。さらには、限定正社員の形で、地域に根付いた雇用を求めるということです。

限定正社員なら、転勤はありません。そのかわり、支社がつぶれることになったらもう雇用はなくなり、他の地域で雇ってもらうということもないのです。最近はイオンをはじめとして限定正社員の動きが徐々に盛り上がってきていて、転勤のない総合職も存在します。

こうした社会の動きに敏感になるのも、総合職には必要なことですので、ぜひ雇用の動きと世間の動向をみのがさないようにしましょう。

総合職カテゴリの最新記事